私を動かすもの・・・リンク集

  何事もだが、魅力を持続することは大変難しいものである。美人も三日見れば飽きがくるというから、それも必然の法則と言うものかも知れない。アップル社を創業したスティーブ・ジョブズはこの例外のような人物 である。 次から次へと目新しい製品を開発して、世界中の人々を魅了し続けた人物である。2年ぐらい前に亡くなっているが、今だにその影響力は大きいのである。彼の業績は他分野にわたり、追随を許さない人物として名を走せているのである。事業家と言われたり、発明家と言われたり、芸術家と言われたりで、世界の注目を一心に集めた、極めて稀に見る人物なのである。彼の能力を最大限、生かせたアメリカという自由な、しかも完成された民主主義国家という環境が素地にあるからだと、思わずにはいられないのである。日本では到底、育むことができない環境とも言えるのである。米国を一方的に賛美しているわけではなく、結果として捉えているのである。彼の業績は我々のやっている芸術活動と非常によく似ているのである。それは常に新しいものを創り上げるという、使命を強く意識していることに他ならないのである。ただ、違うところは実用性があるか、ないかの一点なのである。スティーブ・ジョブズは実用性の追求の結果、あのようなすばらしいものを造ったのである。ここで定義しておきたいのは、彼、個人の創造性を指しているのであって、チームとしての総力の結集は別ものなのである。芸術はあくまでも個人の活動であるからである。それではコラボレーションはどうなるのかという疑問が生じるが、複雑になるので次の機会で述べたい。いつもいつも人を魅了するようなものを造り続けることは、至難の技であって、誰でもできるものではないのである。はじめは大衆に受けても、すぐに飽きられてしまうのが常である。次から次へと変革していかないと大衆はついてこないのである。芸術でいう流行作家の悲哀はそこにあるのである。そんなことにはお構いなく自己のペースで創作していくことが、結果的に長続きするのである。スティーブ・ジョブズのような仕事は、いつも大衆の目を意識してやらなければ存在価値がないものである。これに反して芸術活動は大衆迎合は命取りになることが多いのである。パーと咲いてパーと散る作家の多くはこの例である。ただ、多少は大衆の気持ちも意識することは必要なのである。しかし、絶対的必要条件とはならないのである。とどのつまり、芸術は卑近な実用性や大衆性に囚われると、薄ぺらなものになってしまう危険があるからである。今の時点では、大衆に支持されなくても何年後には支持されるようになることもありえるのである。これは取りも直さず、芸術は遠い未来に向けて語りかける仕事だからに他ならないのである。

 


                                         2013.08.26


 

私を動かすもの・・・リンク集

  何事もだが、魅力を持続することは大変難しいものである。美人も三日見れば飽きがくるというから、それも必然の法則と言うものかも知れない。アップル社を創業したスティーブ・ジョブズはこの例外のような人物 である。 次から次へと目新しい製品を開発して、世界中の人々を魅了し続けた人物である。2年ぐらい前に亡くなっているが、今だにその影響力は大きいのである。彼の業績は他分野にわたり、追随を許さない人物として名を走せているのである。事業家と言われたり、発明家と言われたり、芸術家と言われたりで、世界の注目を一心に集めた、極めて稀に見る人物なのである。彼の能力を最大限、生かせたアメリカという自由な、しかも完成された民主主義国家という環境が素地にあるからだと、思わずにはいられないのである。日本では到底、育むことができない環境とも言えるのである。米国を一方的に賛美しているわけではなく、結果として捉えているのである。彼の業績は我々のやっている芸術活動と非常によく似ているのである。それは常に新しいものを創り上げるという、使命を強く意識していることに他ならないのである。ただ、違うところは実用性があるか、ないかの一点なのである。スティーブ・ジョブズは実用性の追求の結果、あのようなすばらしいものを造ったのである。ここで定義しておきたいのは、彼、個人の創造性を指しているのであって、チームとしての総力の結集は別ものなのである。芸術はあくまでも個人の活動であるからである。それではコラボレーションはどうなるのかという疑問が生じるが、複雑になるので次の機会で述べたい。いつもいつも人を魅了するようなものを造り続けることは、至難の技であって、誰でもできるものではないのである。はじめは大衆に受けても、すぐに飽きられてしまうのが常である。次から次へと変革していかないと大衆はついてこないのである。芸術でいう流行作家の悲哀はそこにあるのである。そんなことにはお構いなく自己のペースで創作していくことが、結果的に長続きするのである。スティーブ・ジョブズのような仕事は、いつも大衆の目を意識してやらなければ存在価値がないものである。これに反して芸術活動は大衆迎合は命取りになることが多いのである。パーと咲いてパーと散る作家の多くはこの例である。ただ、多少は大衆の気持ちも意識することは必要なのである。しかし、絶対的必要条件とはならないのである。とどのつまり、芸術は卑近な実用性や大衆性に囚われると、薄ぺらなものになってしまう危険があるからである。今の時点では、大衆に支持されなくても何年後には支持されるようになることもありえるのである。これは取りも直さず、芸術は遠い未来に向けて語りかける仕事だからに他ならないのである。

 


                                         2013.08.26


 

私を動かすもの・・・リンク集

  何事もだが、魅力を持続することは大変難しいものである。美人も三日見れば飽きがくるというから、それも必然の法則と言うものかも知れない。アップル社を創業したスティーブ・ジョブズはこの例外のような人物 である。 次から次へと目新しい製品を開発して、世界中の人々を魅了し続けた人物である。2年ぐらい前に亡くなっているが、今だにその影響力は大きいのである。彼の業績は他分野にわたり、追随を許さない人物として名を走せているのである。事業家と言われたり、発明家と言われたり、芸術家と言われたりで、世界の注目を一心に集めた、極めて稀に見る人物なのである。彼の能力を最大限、生かせたアメリカという自由な、しかも完成された民主主義国家という環境が素地にあるからだと、思わずにはいられないのである。日本では到底、育むことができない環境とも言えるのである。米国を一方的に賛美しているわけではなく、結果として捉えているのである。彼の業績は我々のやっている芸術活動と非常によく似ているのである。それは常に新しいものを創り上げるという、使命を強く意識していることに他ならないのである。ただ、違うところは実用性があるか、ないかの一点なのである。スティーブ・ジョブズは実用性の追求の結果、あのようなすばらしいものを造ったのである。ここで定義しておきたいのは、彼、個人の創造性を指しているのであって、チームとしての総力の結集は別ものなのである。芸術はあくまでも個人の活動であるからである。それではコラボレーションはどうなるのかという疑問が生じるが、複雑になるので次の機会で述べたい。いつもいつも人を魅了するようなものを造り続けることは、至難の技であって、誰でもできるものではないのである。はじめは大衆に受けても、すぐに飽きられてしまうのが常である。次から次へと変革していかないと大衆はついてこないのである。芸術でいう流行作家の悲哀はそこにあるのである。そんなことにはお構いなく自己のペースで創作していくことが、結果的に長続きするのである。スティーブ・ジョブズのような仕事は、いつも大衆の目を意識してやらなければ存在価値がないものである。これに反して芸術活動は大衆迎合は命取りになることが多いのである。パーと咲いてパーと散る作家の多くはこの例である。ただ、多少は大衆の気持ちも意識することは必要なのである。しかし、絶対的必要条件とはならないのである。とどのつまり、芸術は卑近な実用性や大衆性に囚われると、薄ぺらなものになってしまう危険があるからである。今の時点では、大衆に支持されなくても何年後には支持されるようになることもありえるのである。これは取りも直さず、芸術は遠い未来に向けて語りかける仕事だからに他ならないのである。

 


                                         2013.08.26


 

Copyright [C] NAGURA HIROO. All Rights Reserved.